Q & A

◾️土地/建物探しからお願いすることは出来ますか?

 

 もちろん可能です。土地/建物探しからお手伝いすることによって、 建築家目線でその土地/建物のメリット・デメリットが分かります。土地探し、建物探しから一緒に始めるメリットが沢山ありますので、お気軽にご相談ください。

 

(例)工事をするに当たって特別な費用は掛からないかを知ることができる。

   実際にどのくらいの広さの建物が立つのかを知ることができる。

   一般的には不利な条件でも良い使い方を考えられれば安く取得できるなど。

 

 

◾️建築家に頼むと高いというイメージがありますがどうでしょうか?

 お客様にとってより良い選択を出来るように設計を進めて行きます。 大手メーカーのように坪単価幾らでと一概には言えませんが、例えば予算を調整する場合は、設備や材料のスペックを変更するだけではなく、規模や形を調整して予算を抑えるなど様々な方法を提案させて頂きます。

 

 

◾️遠隔地でも設計を依頼することは出来ますか?

 もちろん可能です。日本国内にとどまらず海外での設計経験を生かし、国内外物件の問い合わせも頂いてます。場所によって設計料が高くなることはありませんが、新幹線や飛行機で現場に行かなければならない場合は、交通費は別途相談させて頂くことはあります。

 

 

◾️住宅以外の設計をお願いすることは出来ますか?

 もちろん可能です。国内の過去の実績では集合住宅、店舗、オフィス、工場、デイサービス、学校などがあります。中国の実績としては商業施設、創意園(クリエイティブ複合SOHO)飲食店などがあります。

 

 

◾️古いマンションでもリフォームすることは出来ますか?

 もちろん可能です。昭和55年以前の建物は構造の基準が旧耐震基準で出来ているために構造補強するとしても、工事費が上る為おすすめしませんが、それ以降の物件でしたら、工事費も抑えられることも多くメリットがあると思います。元の空間の影響を受けることが多いので物件ごとの味を上手く生かして設計いたします。

 

 

◾️設計料はどのくらいですか?

 予算や規模にもよりますが、新築住宅の場合は通常工事費の10〜15%とさせて頂いています。その他プロジェクトの内容及び関わり方などにより、その都度ご相談させて頂きます。

 

◾️設計期間はどのくらいでしょうか?

 規模や条件にもよりますが、新築住宅設計の場合は設計期間が大体半年くらいで、工事期間が半年くらいで竣工までに大体1年くらい掛かります。上記は一般的な目安ですが、プロジェクト毎の条件に合わせて設計期間を調整しますので、急ぎの場合などもご相談ください。

 

 

◾️相談時にどのようなことを伝えたら良いですか?

 考えがまとまりきっていなくても大丈夫です。私たちが打ち合わせの中で要望や与条件を整理して、コンセプトや具体的な計画をまとめて行きます。

 

 

◾️地震に強い家を作れますか?

 建築の性能に関しての知識及び情報の収集は常時更新しており、設計時には構造設計専門のチームと共同して安心して住める建物を設計出来る体制を整えています。

 工事監理では、きちんと性能を持った建物にする為に設計図通りに工事が行われているかの確認及び、適切な指示を行います。また長期優良住宅などの実績もあり長期優良の基準に適合した設計も承っています。

 

 

◾️省エネについてはどう考えていますか?

 高断熱・高気密はもちろんのこと、日本で住宅を設計する場合は、日本の気候に適した形を基本とした採光や換気のコントロールを行な住みやすくランニングコストが安い家となるように計画しています。また現場監理時にはサーモグラフィを利用した断熱材の施工状況の確認など、通常の現場監理+αの現場監理を行ないます。

 

 

◾️使いやすい家になりますか?

 設計する家全てフルオーダー可能です。出来上がったものは使われる方に合わせて作るので使いやすい家になります。また予算によっては既製品も上手く利用して設計を進めることなども出来ます。様々な条件に対してフレキシブルな設計が出来るのも建築家に設計を依頼されることの意味の一つだと考えています。

 

 

◾️アフターフォローはどうなっていますか?

 竣工後1年のタイミングで設計検査を行います。もちろんその後も何か有りましたらいつでもご相談下さい。施工会社と連携して適宜フォローできる体制を作り安心して住めるようにサポートさせて頂きます。